仕事のこと、大好きな猫たちのこと、何気ない出来事など、気ままな日記を綴っていこうと思っています.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSCN1564.jpg
昨日は常磐自動車道を走り、北茨城市からいわき市周辺を見てきました。
北茨城市には知人がいて、地震後連絡が取れなくなっていましたので、ずっと気になっていました。
やっと行ける状態になったので、義援金や少々の集まった物資を持って行きました。

知人は北茨城市でラーメン屋さんをしています。
真っ先に行ったのですが、パートさんが二人、店の中の片付けをしていました。

外見は大丈夫だったらしいのですが、中の食器類や冷蔵庫、備品がかなり破損して、営業できない状態でした。
その知人は、道具や材料を探しに奔走されているようでお留守でしたが、電話で話を出来たのでホッとしました。
DSCN1575.jpg
DSCN1569.jpg
DSCN1567.jpg


そして近辺を通りながら、いわき市にかけて車で走ったのですが、社長が時々行っていたいわき市小名浜のゴルフ場は、緊急避難場所になっていたり、途中の港や国道沿いの家屋がかなり全壊していたり、津波でボロボロになっていたり、悲惨な状況を見ることになりました。

被害に遭われた方々の所に、堂々と写真を撮るのは申し訳ないので、信号待ちの所を撮ったり、被害でゴミが山のようになっている場所だったり、港の船が津波で押し上げられていたりした場所を、写真に納めました。

悲惨な情景はほんのほんの一部でしか有りません。

宮城県や岩手県に比べたら、規模は小さかったといえ、お気の毒で仕方有りません。

関連記事
スポンサーサイト

【2011/03/31 09:13】 | 日々の出来事
トラックバック(0) |

No title
テッチー☆
みゅうさん、こんにちは☆
これは たいへんですね、どこから手をつけるか・・・・
使えなくなったものを捨てるといっても きっとすごい混乱状態なのでしょう。機械が要るものもあるでしょう。。。
画像が見れて 改めて スゴさを実感しました。

本当に~
ニャンママけいこ
本当に言葉にできない惨状ですね。
よくお友達に会いにいかれてお会いできなかったとはいえ、友人の方は嬉しかったと思います。
みゅうさんのHPに書き込みをするようになって、みゅうさんの優しさが今まで以上に心にしみます。
こんな時だからこそ、その人の本質を問われるように感じます。

みゅうさんに出会えて本当に良かった。

テッチーさんへ
みゅう
これは本当にほんの一部です。
カメラに撮るのをあまりにも申し訳ないので、隠し撮りしたところばかりです。

この北の方、岩手県や宮城県の規模は、信じられないくらいの悲惨な状況が、毎日テレビで見る映像で胸が苦しくなるばかりです。

何をどこへ持って行ったらいいかも分からず、呆然としてしまいました。

出来たら、また近いうちに行って、何か役に立てられるものを積んでいきたいと思っています。

けいこさんへ
みゅう
知り合いは、以前社長が勤めていた会社の上司です。
行って会えなかったのですが、電話で話せて安心しましたし、夜も改めて電話をくださったそうです。

市場が津波で崩壊してしまい、何も手に入らなくなったので、遠くの市場を駆け回っているそうです。
一日でも早くお店を開けようと。


最近、よくラジオで、お節介と親切って話が出てくるんですが、私のは・・・お節介なのかもと思うこともあります。
黙ってられない性分で・・・亡くなった父がそうでした。

反比例
かじめや
画像のキレイさと反比例して現実自然災害の残酷さ。再建がホントに早く進むことを強く願っています。

かじめちゃんへ
みゅう
被災地によって、欲しいものや必要なものが違うみたいなので、その辺を考慮して国は迅速に行動して欲しいですね。



No title
革職人
本当に御気の毒で言葉が出ないですね、、、。
東北が凄過ぎてテレビではあちらばっかりでしたよね。
千葉だって凄い事になってますもんね、、、。
自然て容赦ないですね、、、。
少しでも早く被災者の方々が
心の底から笑えるようになるといいですね、、、。
とてもとても、まだまだでしょうけど、、、。

革職人さんへ
みゅう
先日はお忙しいのに、ありがとうございました。
とても喜んでおりました。(^^)


千葉県内も至る所で被害に遭っており、隣の我孫子市がかなり液状化や、道路の陥没などの被害が大きく驚きました。
本当にあの地震の怖さは、今まで経験したことがありませんでした。

取引先の家なども瓦が落ちてビニールシートで覆っているというのを聞きました。


被災された方々が、一日も早く新しい家に住めるようになってほしいです。
自然と笑顔が見られるようになると良いですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
みゅうさん、こんにちは☆
これは たいへんですね、どこから手をつけるか・・・・
使えなくなったものを捨てるといっても きっとすごい混乱状態なのでしょう。機械が要るものもあるでしょう。。。
画像が見れて 改めて スゴさを実感しました。
2011/03/31(Thu) 20:22 | URL  | テッチー☆ #-[ 編集]
本当に~
本当に言葉にできない惨状ですね。
よくお友達に会いにいかれてお会いできなかったとはいえ、友人の方は嬉しかったと思います。
みゅうさんのHPに書き込みをするようになって、みゅうさんの優しさが今まで以上に心にしみます。
こんな時だからこそ、その人の本質を問われるように感じます。

みゅうさんに出会えて本当に良かった。
2011/03/31(Thu) 21:26 | URL  | ニャンママけいこ #eP1cGWnA[ 編集]
テッチーさんへ
これは本当にほんの一部です。
カメラに撮るのをあまりにも申し訳ないので、隠し撮りしたところばかりです。

この北の方、岩手県や宮城県の規模は、信じられないくらいの悲惨な状況が、毎日テレビで見る映像で胸が苦しくなるばかりです。

何をどこへ持って行ったらいいかも分からず、呆然としてしまいました。

出来たら、また近いうちに行って、何か役に立てられるものを積んでいきたいと思っています。
2011/04/01(Fri) 21:07 | URL  | みゅう #-[ 編集]
けいこさんへ
知り合いは、以前社長が勤めていた会社の上司です。
行って会えなかったのですが、電話で話せて安心しましたし、夜も改めて電話をくださったそうです。

市場が津波で崩壊してしまい、何も手に入らなくなったので、遠くの市場を駆け回っているそうです。
一日でも早くお店を開けようと。


最近、よくラジオで、お節介と親切って話が出てくるんですが、私のは・・・お節介なのかもと思うこともあります。
黙ってられない性分で・・・亡くなった父がそうでした。
2011/04/01(Fri) 21:12 | URL  | みゅう #-[ 編集]
反比例
画像のキレイさと反比例して現実自然災害の残酷さ。再建がホントに早く進むことを強く願っています。
2011/04/02(Sat) 05:41 | URL  | かじめや #-[ 編集]
かじめちゃんへ
被災地によって、欲しいものや必要なものが違うみたいなので、その辺を考慮して国は迅速に行動して欲しいですね。

2011/04/02(Sat) 09:07 | URL  | みゅう #-[ 編集]
No title
本当に御気の毒で言葉が出ないですね、、、。
東北が凄過ぎてテレビではあちらばっかりでしたよね。
千葉だって凄い事になってますもんね、、、。
自然て容赦ないですね、、、。
少しでも早く被災者の方々が
心の底から笑えるようになるといいですね、、、。
とてもとても、まだまだでしょうけど、、、。
2011/04/02(Sat) 21:39 | URL  | 革職人 #-[ 編集]
革職人さんへ
先日はお忙しいのに、ありがとうございました。
とても喜んでおりました。(^^)


千葉県内も至る所で被害に遭っており、隣の我孫子市がかなり液状化や、道路の陥没などの被害が大きく驚きました。
本当にあの地震の怖さは、今まで経験したことがありませんでした。

取引先の家なども瓦が落ちてビニールシートで覆っているというのを聞きました。


被災された方々が、一日も早く新しい家に住めるようになってほしいです。
自然と笑顔が見られるようになると良いですね。
2011/04/03(Sun) 08:18 | URL  | みゅう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。